栗の渋皮煮 ラムバニラ風味 oishii




今年も栗の季節がやってきました。
栗を見ると、作りたくなってしまう、渋皮煮。
忙しくて時間もないのに、つい買って帰ってしまいました。

渋皮煮を作るには数日かかります。
下ごしらえだけは休みの日にのんびりと済ませ
あとは夕飯の後、片付けつつ、その傍らで味を含ませること3、4日。
温めては冷ます。これを繰り返すことで味がしみていきます。
「焦らないこと」がおいしくなる秘訣でしょうか。

出来上がった渋皮煮。

f0014391_20304511.jpg


うちの渋皮煮には、ラムとバニラビーンズで風味と香りをプラスします。
普通の渋皮煮にしてみようと毎年思うのに
やっぱりなんか物足りなくて、ラムやバニラを足してしまいます。
今回のラム酒は、これを使用しています。
この時の記事によると、2005年に漬け込んでたもの。
漬けたまま、今の今まで保存しておりました。
ブログがなかったら、いつ漬けたのかも忘れてしまってますね。(笑)
香ばしい甘栗の風味が移ったラムは、とろりとして
まるでシロップのようでした。
4年も漬けていると、元は甘栗だったとは思えないぐらい
風味のある栗に変化していました。
この甘栗で、近々何か作ってみようと思っています。





渋皮に傷をつけてしまったりして使えなかったものは
お決まりのように栗ごはんにしました。

f0014391_2143265.jpg


もち米も入れた雑穀米の栗ごはん。
少量のもち米を加えて炊くと、もちもちのごはんになります。
他に、茹でた栗を裏ごししたものを保存してあります。
今は時間がないので、そのうち何か作ろうかと。


感心されているのか、半分呆れられてるのか
ブログを見てる友人にマメだよねぇとよく言われるけれど
日々のごはん作りは、義務的な要素が大きいけれど
こうした季節の保存食は、ほとんど私の趣味。
栗の皮をむきながら、ふっと浮かんでくるいろんなこと。
単純作業が多いほど、ぼんやりと考えながら頭を整理していく。
それが私にとっていいストレス発散になっているのかもしれません。


[PR]
トラックバックURL : http://happyday88.exblog.jp/tb/11953150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2009-09-18 00:08
今朝錦市場でおじさんが栗の皮をむいていました。ざるいっぱいになったかと思ったら、私の前にいたおばさんが全部買い占めていきました。ガックリです! 明日の朝、もう一度行ってみるつもりです。(笑)
渋皮煮だけでもおいしいのに、バニラにラムまで…もう たまりませんね。一度ぜひご相伴にあやかりたいです!o(^-^)o
Commented by sola-1-sola at 2009-09-18 06:40
料理は心も養ってくれていると思います。
料理が出来なくなるほどのことが起きると危険信号です。
茨城は栗の産地でもあります。
こわれの栗も農園で分けていただくのですが
こわれの栗はそのまま茹でては風味も味も落ちてしまいますが、渋皮煮(うちは赤ワインで煮ます)も、栗ごはんも問題なし。
もう、、、栗の季節なんですね。

Commented by kei-kana38 at 2009-09-18 06:57
おはようございます。

渋皮煮、キレイな仕上がりで、とっても美味しそう。
ラムとバニラビーンズの風味がまたいいですね~。
私も先日栗ご飯を作りましたが、
今度は渋皮煮にTRYしてみようかしら。
ふだんのご飯作りと、保存食作りは違う・・・というひと言。
共感します。
わたしも夢中で自分の好きな料理やお菓子を作ったりします。
ストレス発散するし、これが楽しいのですよね~。
Commented by Quatre-familles at 2009-09-18 07:45
おはよう~!!

「栗の皮をむくことを考えるだけで大変。」と思う私には
到底作ることのできない一品。
そのくせして栗好きなのでこの色とツヤから
勝手にあれこれ想像して楽しんでいます♪
ごちそうさまでした~~~
Commented by chikikako at 2009-09-18 07:48
同感です。himawariさんってまめだなぁって思います^-^
すっごく羨ましいです!私もまめな人間に生まれたかった。。。
今年初めて畑で取れたきゅうりとにんじんをピクルスにした程度です。それも恐ろしく簡単だから出来ました^^;
ほかの方のBlogでも栗の話題が多くて、季節を感じます。
そういえばここにも栗ってあるのかな?見たこと無いです。
渋皮煮、すっごく美味しそうですね♪
Commented by skippysdiary2 at 2009-09-18 08:20
おはようございます!
栗の季節ですね。
ふっくらおいしそうな渋皮煮、とてもおいしそうです。
「焦らない」という秘訣、なるほどと納得しました。
我が夫の陶芸と言う仕事も「焦らない」という事が秘訣かもしれません。
そんなお手本がすぐ隣にいる割に、私はせっかちなので・・・・
じっくりゆっくり心を落ち着けて過ごしていきたいものです。

渋皮煮の載っているお皿、とても面白いですね。
白と言うよりアイボリーな感じの釉薬の色と形が素敵です。
Commented by mamikicks at 2009-09-18 11:17
こんにちは。
栗好きにはたまりませんね。私もそのうちの1人ですが・・・
大雑把で面倒くさがりやの性格上、生栗から何かを作るということから遠ざかっていました。
こんなにおいしい収穫が待っているのなら、焦らず、ゆっくり時間をかけて作ることも挑戦できそうです。
Commented by ひよこ at 2009-09-18 13:39 x
すごいです。数日かけて作るなんてスローフードの極みですね。お金では買えない価値あるものだな~なんて思っちゃいました。なんて美味しそうなんでしょう。私は栗料理に挑戦したいんですが、どうしても皮をむく自信がないんです。手をきっちゃいそうで。
でも食べたーい!!!
Commented by pippipippi2 at 2009-09-18 16:58
わたしも毎年します~!品定め中です☆
バニラとラム入れるんですね~ラムはいれますがバニラは入れたことないです~☆半分試して見ようかな♪
とりあえず、渋がひどいので手術用ピタッと手袋必須です!!!
Commented by kiki-246 at 2009-09-18 20:00
なんと美しい渋皮煮でしょう。
私も毎年頑張りますが、年々根性がなくなり
数が減っています。

ラム酒の香は、必須ですよね~~。
Commented by rairai_in_nj at 2009-09-19 11:40
美味しそうですねー。
クリ、食べたいなー。どっかに殻つきで売ってないかしらん。
私は、もっと朴訥な感じでいつも作っています。
煮豆感覚とでもいうんでしょうか。最後の隠し味は醤油だし(汗)、
おばあちゃんのお茶の友って感じ。
himawari さんのは、なんともおしゃれだ~~(*^_^*)
Commented at 2009-09-19 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-09-20 17:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:33
mikiさん

お返事遅くなってすみません。
秋の錦市場はおいしいものがたくさんあったのでしょうね~。
きっと売られていたのも丹波の栗ではないでしょうか。
うちの渋皮煮は、マロングラッセ風の味だといわれたことがあります。
よかったらいつかぜひ食べてみてくださいませ。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:35
そらさん

お返事遅くなってすみません。
そっかぁ・・・料理は心も養ってくれるものだったのですね。
ここのところ、ずっと忙しく疲れていたのですが、
家族の料理は作れているので、まだ大丈夫ってことですね。
栗の季節も短いですから、そらさんもぜひ何か作ってみてください。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:39
keiさん

お返事遅くなってごめんなさいね。
keiさんも栗ご飯を作られてましたよね。渋皮煮、作り始めると
なんだか毎年やらなくては・・と思えてくる年中行事のようになってしまってます。
保存食は、その時の旬でありながら、その日食べるものではなく
先を見据えて作るものだから、作っていて満足度が高いものなのかもしれないです。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:41
Qちゃん

よく知ってると思うけど、こんなせっかちな性格なのに
作ることに関しては、辛抱強くなってしまうのが不思議でしょ(笑)
見るだけじゃなく、そのうち味見て下さいませ。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:47
chikikakoさん

マメなのは食べることだけなんですよ。他のこととなると
買って済ませられるものなら、済ませたい・・・ぐうたらなんですよ。
家庭菜園やDIYをされる chikikakoさんのほうがずっとマメだと思うなぁ・・。
栗、カナダならたくさんありそうなのに、ないものなんですねぇ。
それとも加工されてることのほうが多いのかしら。

Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:51
せとものさん

私の「焦らない」なんてご主人のお仕事ぶりに比べたらお恥ずかしい限りです。
私も相当なせっかちなんですよ。でも、栗や黒豆などを煮る時だけは
いつもの性格を封印してしまうのでしょう(笑)
この器、写真では白っぽく見えますが、きな粉のような色合いなんです。
益子の女性作家さんのようです。昨年、益子の陶器市で出会いまして
2枚しか買ってこなかったのをすごく悔やんでるのです。
器は出会いものですねぇ。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:56
mamikicksさん

私も大雑把で面倒くさがりなんですが、栗を煮るときだけは
ちょっと変わってしまうのかも。(笑)
だけど単純作業ばかりで、細かい仕事がないので、作れるのかもしれません。
渋皮煮は、時間がかかるだけに出来上がったときの喜びは
大きいので、ぜひ作られてみてください~。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 21:59
ひよこさん

「待つ」というのが渋皮煮には一番の調理法なのかもしれないです。
栗の皮は一晩以上水に漬けておくと剥きやすくなります。
専用の栗の皮むき器もあるけれど、私はもっぱらペティナイフです。
いくつか剥いてるうちに、コツみたいなものがつかめてきますよー。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 22:02
pippipippi2さん

今も品定め中でしょうか。ラムだけでもぐんと風味がよくなりますよね。
バニラを入れると、さらにぐっと香りが深みを増すような気がします。
まだ作られていないようでしたら、ぜひバニラも足してみてください。
栗の渋は相当ですよね。茹でこぼしているといつもすごいなぁ・・と
見入ってしまいます。でも私はいつも素手で~す。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 22:04
kiki-246さん

ありがとうこざいます。お菓子の先生にほめていただけるなんて
うれしいです。
私も作らない年があったりしますが、今年は早々に作ってしまいました。
でも、量は減ってますね。今年は小鍋ひとつ分でした。
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 22:07
らいらいさん

黒豆を煮るときに少しの醤油を入れると味が締まりますが
栗にもいいのですねぇ。
今度やってみよう~。私のおしゃれですかねぇ・・
なんか目に付いたから入れてみた・・というのが多いんですけどね。
作ってる本人がおしゃれからは程遠いので、胡散臭いですよ(笑)
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 22:07
鍵コメさま

ご連絡ありがとうございます。
メールいたしました。届いたかしら~?
Commented by himawari_August8 at 2009-09-23 22:08
鍵コメKちゃん

ちゃんと届いてますよ。
今度来たとき、ぜひ食べてってねー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by himawari_August8 | 2009-09-17 21:06 | Trackback | Comments(26)

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31