NEW POST

食べ盛りの本

f0014391_20205842.jpg



こんな本を購入してみた。
名前の通り、野球をする上での栄養学の本。
手前は小中学生向け、奥は高校生向け。
保護者や指導者へ向けた内容だけでなく
子供たちが読んでも理解できるような
野球と食べ物との関わり方も書いてある。
試合前に食べたほうが効率のよい食べ物とか。

栄養だけを考えるのが食事作りではない。
ウキウキするような好物が並ぶ日があってもいい。
お母さんだって疲れて作りたくないから外で食べるとか
お惣菜を買ってしまう日だってある。
だけど、日々の食卓はなんだかんだと言っても
栄養のバランスをどこかに頭に入れながら
野菜を多くしようとか昨日は肉だから魚にしようとか
考えながら作ることが多いのではないだろうか。

高校生ともなると一食500gのご飯が理想だそうだ。
練習で消費する分+野球に適した体を作る分+勉強で頭を使う分
+成長していく体を作っていく分。
ごはん茶碗にして5杯分。
それ以外バランスのよいおかずや補食となるおやつ。

どうりでスポーツに励む高校生の男の子を持つ友人たちが
毎月の食費に頭を痛めるわけだ。


野球少年と食事で思い出すのは
高校のときのクラスメイトの野球部のHくん。
2時間目が終わると大きなお弁当を取り出して
早弁タイムが始まる。
その後、お昼休みにはまた昼食をとってた。
だけど彼はがりがりに痩せていた。
日々、すごい運動量だったのだろう。
夏休み前まで、教室での彼はお弁当を食べてるか
寝てるかしか見たことがなかった。

息子がいつまで野球を続けるのか分からないけれど
本当の食べ盛りはこれから。
夫は野球の技術やコツを教えてあげることが出来るけれど
私が出来ることといったら、食事作りぐらい。
口に入るものが体を作っていく。
本の通りに実践することは無理でも
頭の隅に置いて日々のごはんを作ろうと思う。


そろそろ各地で高校野球の予選が始まる頃。
うちの近くにある球場でも最後の夏に賭けた
球児たちが力を出し切る時がやってくる。
その影で、日々のごはんを作り続けてきた母親たちがいる。
試合に持たせる最後のお弁当になるかもしれない
母たちの気持ちを思うとちょっと泣けてくる。

f0014391_20501369.jpg


うちのごはん作りもお弁当作りもまだまだ続く・・。

にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村


[PR]
トラックバックURL : http://happyday88.exblog.jp/tb/16235548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himawari_August8 | 2011-07-06 20:52 | Books | Trackback

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31