NEW POST

夏の骨董市にて

8月の骨董市で見つけたもの。

色絵のお皿。

f0014391_057197.jpg


この日、目に入るのは色絵のお皿ばかり。
はっきりとした色合いのものが気になって仕方なかった。
色絵のものは本来あまり好みではないはずなのですが
色絵を選ぶなら、繊細な筆使いではないものが好みです。

明治か大正か。
いつのものかはわかりませんが
盛り付ける料理を選んでしまいそうな
はっきりした絵柄と色。
最初に盛り付けたのはカルボナーラ。
案外、しっくりとしたんです。
白っぽい料理って濃い色の器のほうが
合うと思いますが他にも
素材そのものを生かすような単色の料理
のときにはこのようなお皿がいいかもしれません。

何かで知ったのだけど今年は大正元年から100年だそう。
100年過ぎたらアンティークと呼ばれるのが古いもの。
大正のものも立派なアンティークなのですね。


こちらは昭和のもの。
アルミのポットです。
これ、大容量でして4リットル近く入ります。
f0014391_0574910.jpg


野球の当番で持っていく麦茶を作るのに
大きな薬缶が欲しいと思ってたのです。
毎週11リットルのジャグに麦茶を作って持っていくので。
昔ながらのダルマみたいなやかんでもいいかなと
考えてたぐらいなのだけど。
これを見て一目で気に入りました。
冬はアラジンストーブの上でしゅんしゅんとお湯を
沸かすのにも活躍しそうです。


使い込んだアルミの鈍い光を放つ質感。
時間がゆっくりと作ってくれるもの。
それが私は好きなのだろうなと思うのです。



にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ
にほんブログ村


[PR]
トラックバックURL : http://happyday88.exblog.jp/tb/17915125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Himawari_August8 | 2012-08-30 01:21 | Antique | Trackback

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31