故郷からの贈り物

毎年、クリスマスを過ぎると
徳島のダンナの実家からつきたてのお餅と共に
名産品が送られてくる。すだちと鳴門金時。

f0014391_20253456.jpg



それとパッキングの隙間を埋めるために
徳島で作られているインスタントラーメンと
キューピーのマヨネーズがたいてい入ってる
このメーカーのものは子供の頃から
ダンナがいつも食べてたという。
マヨネーズもダンナの好物のひとつ。
18歳から家を出て以来実家からの荷物には
必ずマヨネーズが入ってたらしい。
実家で暮らした年月よりもひとり暮らしや結婚した年月を
足したのほうが長くなってしまった息子の好みについて
「私にはもうよく解らんのよ」と義母は言いつつも
子供の頃に好きだったものを送ってくるところが母心なんだろうなぁと
ワタシも息子を持ってみて義母の気持ちが少し解るようになった。

お餅ものし餅を切ってくれたものと西特有の丸餅。
関東育ちのワタシは西日本育ちのダンナと結婚して
こうして義父母が送ってくれるまでは角餅しか
食べたことがなかったけれどひとつひとつ手で丸めて作る丸餅は
微妙に大きさが違うので味わいがあるように思う。
正月にもならないと言うのに餅好きな息子は毎食のように
餅にしてーー。と叫んでる。

こちらも何か送らなくては・・と思うのだけれど
お歳暮は要らないからと辞退されるので
代わりにもならないがこの送ってくれた鳴門金時を使った
栗きんとんと黒豆を煮て年末は送るのが恒例になってきた。
それと紅白なますにはすだちの果汁と皮を千切りを使うように。
なのでうちの紅白なますはすだちの風味がする。

f0014391_20253427.jpg


義父母が送ってくれる箱にはおいしいものと気持ちが
いつも一杯詰まってるような気がする。
[PR]
トラックバックURL : http://happyday88.exblog.jp/tb/18350662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himawari_August8 | 2004-12-29 21:18 | Trackback

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31