竹の洗いかご

f0014391_16144869.jpg


私、食洗機を使わない主義です。

しかしが雑な性格のせいか
金属製の洗いかごの中で
お皿を欠けさせてしまうことが度々。
しかも気に入ったものほどそれをやってしまったりして・・。
それに、水受けに溜まる水もどうにかしたくて
排水ができるタイプも使ってみたりしたのですが
どうも、しっくりこない。

イタヤ細工のお弁当箱を探している時に
竹の洗いかごがあると知って
ちょうど洗いかごの買い替え時期に来ていたので
竹製のものにしてみました。
受け皿はないので、布巾を敷きますが
しっかりと水を切ってからかごへ入れる癖がつきました。
使い終わったらかごを引っ掛けて乾燥させます。
正直、ほかの材質のものより手間はかかるけれど
手をかけることが、あとで不快な思いをしなくて済む。
考えれば当たり前のことなんですが
昔ながらの道具を使う事によって気づきました。

かごの良いところは、他にも使いまわせること。
洗いかごとしてだけでなく収納することもできる。
昔ながらの道具の良さはそんなところにもあります。

f0014391_16144839.jpg
こちらも竹のカゴバッグ。
先月の骨董市で。
骨董市の後に息子の学校の文化祭に
行く予定があったので、覗く程度にしようと
思っていたのですが、このバッグを見つけてしまい
持っていた布製のバッグを畳んで出かけました。
帰りに買い物したけれど抜群の収納力で
作りもしっかりとしているので重いものでも大丈夫。

バッグとして使わなくなっても
暮らしの中で使えるカゴバック。
家の中で一番古いものは30年ぐらい前に
買ったものが今、キッチンで物入れになっています。
末永く使える自然素材のかごだから
最近は吟味して長く使える物を・・と
思うようになりました。










[PR]
トラックバックURL : http://happyday88.exblog.jp/tb/25410422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Himawari_August8 | 2016-07-05 08:59 | Goods | Trackback | Comments(0)

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30