Happy Days

茄子とほうれん草とベーコンのトマトソース焼き

Meal
元のサイトで完全版を読む
前回のトマトのマリネ同様に
長い事作り続けているひと皿。
こちらも今は無くなってしまった
湘南の鵠沼にあった
イタリアンのお店のメニューのひとつ。
当時はイタリアンが大人気で同僚や友人と
あちこちのお店を食べ歩いたものでした。
そのお店はどれも量が多くてコスパがよかった。
トマトソースっておいしいって思えたのも
子供の頃から食べてた粉チーズではない
すりおろすパルミジャーノを初めて食べたのもそのお店。
何を食べても美味しかったので
今でも味の記憶を頼りにその頃に食べたものを
作ってみることがあります。
でも、何か足りないといつも思うのです。


茄子とベーコンはガーリックオイルでソテーしてから
茹でたほうれん草と重ねるようにして並べ
トマトソースをかけて焼きます。

お店の跡地の近くで息子の野球の試合が
行われることが多くて、
その度に蘇るおいしい記憶。

おいしい記憶は舌に残るものだけれど
それにプラスその時を共有した
大切な人たちとのかけがえのない時間という
スパイスが加わって忘れられない特別な味になる。
何か足りないと思うのはそのスパイスが
欠けているからなのでしょうね。


それにしてもレシピ名が長いなぁ。(笑)


もっと見る
タグ
野菜
酒の肴
旬レシピ