手作りバスソルト

ドラッグストアに行った時、おまけがやたらとついたクナイプのバスソルトが
売っていたので、かなり久しぶりにクナイプを買った。
(クナイプの小袋7袋とローズマリーの香りの石鹸3個付きだった!)
f0014391_23254118.jpg

以前、使った時の記憶では妙に薬くさい香りに感じられたのだけれど
今回、使ってみたら前ほど違和感がない。
アロマオイルが普及して自然な香りに鼻が慣れたってことなのだろうか・・?
お風呂に浸かりつつ、容器を眺めながらこのバスソルトって自分でも
作れるんじゃないだろうか・・と思った。


柑橘系の皮を電子レンジにかけると庫内の匂いが取れます。
その使った皮はポプリのように乾燥するのでそれを使って、バスソルトを作りました。
(レンジ弱で10分程度かけました。)
しかし、ビスケさんのご質問通り、柑橘類の皮で赤く腫れあがってしまう体質という
のがあるようなのです。実は私もそうなので、たくさん入れられません。
なので、飾り程度に入れることにしました。

f0014391_23254146.jpg


材料は荒塩、アロマオイルのみで出来ます。
でも私はそれにプラス重曹を入れました。
アロマオイルは一番穏やかなマンダリンを使って塩はキッチンにあった塩をブレンドして。
瀬戸のほんじお、イタリアの海塩、オレンジ色なのはハワイの塩の色です。
皮は温州みかんの皮といよかんを使いましたが薄い皮の温州みかんのほうが
レンジでかけると乾燥も速くて使いやすいようです。

もうひとつはゼラニウムのアロマオイルでやはり塩と重曹のブレンドと
色をちょっとつけてみようかと食紅を少々混ぜてピンク色に。
ゼラニウムがローズっぽい香りなので飾りに中国茶にブレンドするバラの花をいれました。
お風呂に入ってる間はちょっと優雅な気分になれます。

が・・・。
あとで花やオレンジの皮をすくい取らなければならないのはちょっと面倒でした(^^;

でもゴミとして捨ててる柑橘系の皮もポプリになるのは
今後、バスソルト以外にも何かに使えそうです。

この柑橘類の皮って無駄にはならなくて
皮を煮出したお湯で掃除をするとと皮の成分でとてもきれいになるのですが
そんな強さがあるのだから肌には刺激が強いはずですよね・・・。
トラックバックURL : https://happyday88.exblog.jp/tb/18351440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himawari_August8 | 2005-03-07 19:07 | Trackback

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31