若布と真鯛

夫の故郷の徳島は鳴門のうずしおが有名です。
そしてその鳴門ではうずしおにもまれて美味しい身の締まった真鯛が釣れるらしい。
そして鳴門といえば若布も有名です。
春頃になると実家から鳴門産の若布が届きます。
この時期に作るのがそれを一緒に蒸したもので
これまた徳島特産のすだちを最後に絞って食べてるのですが
それを私は勝手に「鳴門蒸し」と呼んでます。
ちなみにバカボンのほっぺのようなナルトは鳴門のうずしおが名前の由来らしいです。

フランス料理のエテュベという手法に似たやり方で
鍋に若布を敷いてその上に塩を振った鯛を乗せて多めにお酒を振りいれて酒蒸しします。
いつもは日本酒で蒸して荒塩とすだち、オリーブオイルをまわしかけて食べてますが
すだちもなかったし、今回は飲み残した白ワインがあったのでワインで蒸して
レモンバターとバジルペーストを添えてみました。


f0014391_16254687.jpg


鯛の旨みが若布に移り、また若布の磯の香りが鯛に移って
相乗効果を生み出してなかなかの一皿です。
でも今回のこの写真のものは若布も鯛も鳴門産ではありません
今年はどうやら、送ってきてくれないらしい・・・(涙)

先日、似たような料理が雑誌に掲載されているのを見て
それが名前の通った方のレシピだったので
私の創作料理もなかなかいいとこ行ってるかも・・・と
ちょっとご満悦な私でした~。



それから、私の思いつきの雑誌お届けイベントに思いもよらないほど
たくさんの方が参加をしていただきまして、嬉しかったです。
これを機会にこちらへコメントを残していただけるきっかけになったのも
良かったかなぁ~と。本当にありがとうございます。
今、書いてある方の中から、あみだクジにて後日抽選させていただきます。
もう少々お待ちくださいませ!
トラックバックURL : https://happyday88.exblog.jp/tb/18353037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himawari_August8 | 2005-04-13 16:26 | Trackback

毎日の中の小さな幸せ


by himawari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31