Happy Days

今年、最後に出会ったもの

Ceramics
元のサイトで完全版を読む

暮れの押し迫ったこんな時期に出会ったもの。


小鹿田焼のうるか壺
うるかとは鮎の内蔵を塩漬けにした保存食で
それを保存する為の壺のようです。




家族はコーヒーにも紅茶にも砂糖を入れないので
来客用に個包装の砂糖を用意しておくのですが
それもなかなか使い切れないのがもったいなくて
砂糖入れが欲しいと思っていたところだったので
早速、グラニュー糖を入れてみました。

2枚目の画像


ガラスの醤油差しを見つけました。

気泡の入ったモールガラスは一目見て手作りだと分かり
すごく味のある佇まいをしていたので1つ300円の値札は
間違いじゃないのかと思いました。

帰宅してから調べてみたらやはり手作りの倉敷ガラスでした。
倉敷ガラスって倉敷の特産品なのかと思っていたら
小谷さんという親子が作る、吹きガラス製品の総称なのですね。
最近のものではないみたいだけど、使われた形跡もないので
どこかのお宅で大事に仕舞われていたのでしょうね。

3枚目の画像



益子焼きの湯呑

昔ながらの益子焼きらしい色合いで。
食堂で出してくれるような素朴な湯呑は
量も多すぎず少なすぎず普段遣いにぴったり。

4枚目の画像


益子焼き繋がりでこんなものも。

5枚目の画像


誰もが知ってる峠の釜めしの容器。
実は作っているのは益子なんですね。
一緒にいた夫が、「これ、独身の頃、何個も持ってた」
とつぶやいてました。
知ってますとも。捨てたのは私ですから(笑)
あの頃は、興味なかったからさっさと捨ててましたね。
お正月が過ぎたら、釜飯を炊いてみようと思ってます。

今回のお買い物、全てリサイクルショップで見つけました。
総額1000円でした。

来年も良い出会いがありますように。


もっと見る
タグ
古いもの
民芸